読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Abnormalに生きる

化学の研究者→消防士→ITエンジニア(2016年11月〜)

初心者はRailsを勉強するな?

この記事なんか心にグサッと刺さりました。

今すぐ辞めて欲しい、「Ruby on Rails勉強してます」「CakePHP勉強してます」

確かに私もプログラミングの勉強を始めて、早い段階でRailsを触り始めたときに、プログラミングの技術が向上しているというよりRailsの使い方を覚えているだけだなーっていう感覚がすごくありました。というのも、なんか上手く動かないなーって思ったら、だいたいRailsの規約によるエラーであることが多かったからです。

ブログで書かれていることを要約すると、

・初心者はRuby on RailsCakePHPなどのフレームワークは使うべきではない。

・一般的な機能を持つ共通コードを自身で書ける人が、それを再利用可能なものにするために、枠組みとして提供するソフトウェアがフレームワークである。Railsが自動生成するコマンド類を手動で生成出来るようになってから使うべきだ。

・「高効率」「最先端」みたいなキーワードに踊らされている初心者が多すぎる。例えるなら、教習場で免許を取ろうとしている人が、教習車に、F1用のばりばりのレースカーを毎週専門家にチューンさせながら使う、ようなもののように感じる。

 確かに私も、まだRubyのこともよくわかっていない時に、RailsTwitterクローンなどを作って遊んでいたので、運転免許も持ってない状態でF1カーを公道でバリバリ走らせていました。(今も走らせていますが。)

 ブログで書かれていることは、本当に素晴らしいと思いますし、私も今後の勉強指針を決める上で大いに参考にさせて頂きます。

 しかし、私の意見としては、初心者がフレームワークを一切使わずに、形になるものが全く作れないと、達成感がない、プログラミングが面白くない、という状態に陥り、その挫折からプログラミングの勉強自体を辞めてしまうこともあるんじゃないかと思います。そうなると元も子もないですよね。だから、実際にアプリケーションを作って、一定の楽しさを得続けることもほんとに重要です。

 そういうわけで、私はRailsを使って、アプリケーションを作り、プログラミングの楽しさを感じながら、同時並行で基礎的な土台作りができるような勉強をしていきます!やっぱり、アプリケーションが作れても、その裏側でコードがどう走っているかわかっていなかったら気持ち悪いですもんね。まずは、コンピュータ全般に関わる技術を知るためにコンピュータ概論を学びたいと思います。

はじめて学ぶコンピュータ概論―ハードウェア・ソフトウェアの基本

はじめて学ぶコンピュータ概論―ハードウェア・ソフトウェアの基本

そして、とにかくRubyを芯から理解したい!ということで、この本買いました。

パーフェクトRuby (PERFECT SERIES 6)

パーフェクトRuby (PERFECT SERIES 6)

パーフェクトRuby、私にとってはまだ難しいです。。でも二週間で終わらせてみせます!!何かアドバイスがあればよろしくお願いします!!